夜に履いて寝ることで、その日の足のむくみをリセットしてくれる着圧タイツが、脚やせダイエットのアイテムとして注目を集めています。

イギリスで医療用に使用されていた着圧タイツをヒントに、日本でも普段履けるような着圧タイツ人気になりました。

今回は、その日の足の疲れやむくみを解消して、脚やせへと向けてくれる着圧タイツの選び方をご紹介します。

 

[toc]

【目 次】

開く

【着圧タイツ 選び方】着圧タイツとは?

着圧タイツとは足の構造に合わせて段階的に着圧を施すことで、足のリンパや血液の流れをスムーズにして、疲れやむくみを取ってくれる効果があるタイツです。

筋力の低下や立ち仕事、長時間のデスクワークなどで重力により、リンパ液や血液が足に溜まりやすくなり浮腫が生じます。

医療用の着圧タイツの理論をもとにした着圧方法で、足のリンパ管や血管をうまく刺激することで、流れをスムーズにしむくみを解消へと向けてくれるのが着圧タイツです。

 

 

 

【着圧タイツ 選び方】着圧タイツの効果

 

着圧タイツは夜用のものがメインで、履いた状態で睡眠をすることで翌朝には足のむくみがすっきりすると評判です。

夜に着圧タイツを装着しただけで、1cm程度も足首やふくらはぎがサイズダウンする効果が報告されています。

また、足に溜まっていた余分な水分の排出がスムーズになるので、利尿効果もあります。

むくみによりセルライトが出来たり、脂肪がつきやすくなるので、下半身太りの予防ができます。
むくみによる足の疲れをリセットできるので、次の日にはで足の疲れを持ち越ません。

 

【着圧タイツ 選び方】着圧タイツの選び方

 

着圧タイツの選び方でポイントになるのが、タイツのサイズと圧力です。

圧力がかかっている方が効果的に思えますが、サイズが合っていなければ圧力が強すぎて、逆にリンパや血液の流れが悪くなることがあります。

いつも履いているタイツのサイズと同じ着圧タイツを選べば、大抵の場合は、窮屈ではありませんが、一晩履いてみて窮屈に感じたら、もう少し着圧がゆるいものにするか、大きいサイズのものにしましょう。

着圧タイツの圧力は、hPa(ヘクトパスカル)や、mmHg(水銀柱ミリメートル)で表記されています。

数値が高いほど圧力が大きくなるので、窮屈な場合は数値が低いものを選びましょう。

目安的には、足首が20~30hPa、ふくらはぎが10~20hPa、太ももか5~15hPaです。

医療用の着圧ソックスは、40hPaを超えるほどの強い圧力のものがありますが、市販の着圧ソックスよりもかなり細く着圧設定がされているので窮屈ではありません。

市販のものは、一人ずつに合わせて着圧設定ができないこともあり、圧力が少し緩めに設定されています。

 

まとめ:着圧タイツの選び方

 

コロナのパンデミックなどの影響もあって、最近はテレワーク流行り、どうしても座りっぱなりになるので足もむくみやすいですよね。

 

着圧タイツの選び方はいかがでしたでしょうか。

 

話題の着圧タイツを使って、少しでも快適な生活を目指したいところですね。