けさ内山信二さんがMCやってるテレビ通販番組を見ていて、ちょっと気に入ってしまったサプリメント(健康茶)があったので紹介しておきます。

 

桑茶、桑の葉茶なので、よくある珍し系の健康茶かな、と流しつつあったんですが・・・

 

こういった植物系の加工食品は一見、身体に優しいようですが・・・。

 

原料となる桑の育て方次第・・・たとえば大量に農薬を使っていれば、そっちのほうが気になってしまうわけです・・・。

 

が、その点、この「蒼楽(そうらく)」は・・・。

 

 

【目 次】

開く

【内山くんの桑茶】蒼楽(そうらく)とは?

(2019年の公式ツイートより)

 

「蒼楽(そうらく)」とは、もともとは数百種類ある桑の品種のうちのひとつの名称で、島根県が品種開発に成功し特許を持っているので、島根県でしか栽培できない桑の品種です。

 

桜江町桑茶生産組合という地域の協同組合さんと島根県と島根大学との産学官連携プロジェクトとして8年にわたって育ててきた品種です。

 

もともと養蚕業のために、農薬厳禁のなかで育てられてきた環境の中で、品種改良で産まれたスーパーな桑。

 

つまり、安心安全な有機栽培。

 

これって、かなりポイントが高いですよね。

 

島根の「蒼楽(そうらく)」は、こういった背景の中で作られているので、毎日口にするお茶の原料としては非常にオススメできる物となっているわけですね。

 

実際に、「蒼楽(そうらく)」のホームページ等の詳細を見ると

 

有機栽培無添加加工

 

がうたわれているのが見つかると思います。

 

一般的に、桑の樹液には、血糖値の上昇や中性脂肪を抑えると言われている食物繊維成分のフラボノールが豊富にふくまれていることがわかっています。

 

日本のあちこちでかつて養蚕業がさかんな時代もありましたので、各地で伝統的に桑茶、桑の葉茶は健康茶として飲まれてきた歴史があります。

 

ただし、品種改良で開発された「蒼楽(そうらく)」については、他の桑の品種より、より多くのフラボノールが含まれていて、他のよくある桑の葉茶とは、ちょっとレベルが違う、というわけですね。

 

ちなみに「蒼楽(そうらく)」の食品としてのカテゴリーは「食物繊維加工食品」となっています。

 

下でも解説しますが、この「蒼楽(そうらく)」の樹液に多く含まれているフラボノールは「Q3MG」と呼ばれています。

 

この新種の「蒼楽(そうらく)」の桑の作付け量は、島根県内でもまだまだ少なく、とても希少価値のある作物といっていいと思います。

 

「蒼楽(そうらく)」クラスの、いってみれば、フラボノールを効率よく配合することのできる桑はまだ希少だと言っていいと思います。

 

この桑の茶「蒼楽(そうらく)」は、島根の桜江町桑茶生産組合の公式通販サイトで購入することができます。

 

 

なお「蒼楽(そうらく)」は楽天、Amazonなどのショッピングモールでも販売されているので、以下、それらも紹介しておきますね。

 

 

【内山くんの桑茶】蒼楽(そうらく)はどこで買うと安い?

 

「蒼楽(そうらく)」を急ぎで購入したい人もいると思うので、先に通販情報を書いておきますね。

 

「蒼楽(そうらく)」の販売単位は、基本的に一箱ごとで7g×30袋のセット

 

1日1袋の利用が目安となっているので、一箱は1ヶ月分ですね。

 

単品定期購入の2つの販売形態となっています。

 

通販 単品料金 定期料金 送料 リンク

公式サイト

しまね有機ファーム㈱

6,480円 6,480円

5千円以上

無料

公式

楽天

公式店

6,480円 6,480円

3,980円以上

無料

楽天

Amazon

6,480円 無し 無料 Amazon

Yahoo

(他社の扱い)

6,480円 無し 無料 Yahoo

(税込)

島根の販売担当社は「しまね有機ファーム株式会社」といいますが、ここが販売を担当していて、公式サイトと楽天内に公式ショップあります。

 

Amazonは、おそらくAmazonへの販売委託スタイルで、Yahooショッピングでは自然系商材を扱う長崎のショップが取り扱っています。

 

結局、「蒼楽(そうらく)」は、どこで買うのがお得か?

 

というと、「蒼楽(そうらく)」はどこで買っても同じ料金で送料も無料です。

 

なので普段使っていてポイントを貯めているショップを使えばいい、という結論になります。

 

ちなみに、公式サイトの公式ショップもポイントが付きます

 

公式サイトからの定期購入のメリットはなにか?

 

というと、偶数月にはポイントが5倍になります。

(楽天内のメーカー公式ショップでは、この偶数月5倍は適用されません)

 

貯まったポイントは、随時支払いに充当できます。

 

ここらへんのメリットの評価は、普段使いしている通販モールのポイント制度とのかねあいとなりますね。

 

それぞれで使いやすいところを使うとよいと思います。

 

もちろん、楽天なら楽天で、ポイント優遇制度は多岐にわかりますので、楽天カードを使っていれば、そのぶん、お得に買えると思います。

 

あ、ちなみに、今朝見た内山信二くんがMCやレポーターをやっていた通販番組がどのチャンネルだったか?販社はどこか?メモとかしとかなかったら全くわからなくなってしまいました。(笑)

 

ググっても出てきません。

変なものですね。

 

ということで、上表の公式サイトか大手通販モールの範囲で購入すればいいんだろうな、と思っちゃいました。

 

 

【内山くんの桑茶】蒼楽(そうらく)の口コミは?

さて、内山信二さんもテレビ通販内の現地レポートで、この「蒼楽(そうらく)」を試飲して「とても飲みやすいですね」と評していました。

 

よく言われますが、健康食品はあえて苦くしたりして薬っぽく作る、なんて販売戦術もあるようですが、内山信二さんの反応を見ていると、まあ劇的に美味しいわけではないですが、想像していたより飲みやすいな、という素直な感想が表情でみてとれました。

 

で、実際の口コミですが・・・SNSなどを見ていると、「蒼楽(そうらく)」への感想、というより、桑茶についての口コミが多くて、素直な反応が読み取れません。

 

なので、まずは、公式ショップで掲載されている口コミの部分を転載させていただきますね。

桑の茶「蒼楽(そうらく)」利用者の口コミの画像

 

飲んだその日、夜中に目がさめてトイレに直行 びっくりしましたがその後お通じが快調です。(40代女性)

気のせいかもしれませんが食事前に飲んでおくと、食後独特の、眠気というかダルさがありません。仕事が忙しいときに飲んでおくといいですね。(40代男性)

砂糖は入っていないそうですが少し甘みがあるので、私はヨーグルトに混ぜて食べています。そのまま飲むと、最初はちょっと苦手な感じがしましたが(笑)。身体に良さそうな味なので、何度か飲んでいるとクセになる味ですね。(20代女性)

島根県は地元なので、地元で取れた桑から・・・ということで安心感があります。私は健康診断で中性脂肪を指摘されたのですが、食事を制限するのは・・・正直難しいので(苦笑)こういう食品はありがたいです。今は簡単な運動も続けていますので、次回の健康診断が楽しみです。(40代男性)

私はドクダミ茶が好きなので、近い味でごくごく飲めました。飲み物としても美味しいと思います。(30代女性)

 

楽天、Amazonなどでも、ちょこちょこ口コミが投稿されていますが、まず概ね良好な評価がされているように思いました。

 

「蒼楽(そうらく)」についての公式サイトの口コミはこちらで確認ください。

https://www.kuwakuwa.tv/allproducts/kuwacha/souraku_kinouseihyoujisyokuhin/

 

 

 

【内山くんの桑茶】蒼楽(そうらく)の血糖値対策、中性脂肪対策としての効果効能は?

まず、「蒼楽(そうらく)」については、あたりまえの確認ですが、医薬品ではありません。

 

これを飲んでいると、何かの症状が治る、というわけではありません。

 

説明書きには以下のように記載されています。

本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません

 

この商品について

  • 島根の桑茶「蒼楽(そうらく)」は、島根県初で、島根県発の機能性表示食品です。
  • 本品は、疾病の診断治療予防を目的としたものではありません。
  • 本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
  • 疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。

 

 

血糖値中性脂肪の上昇を抑えることが確認されている成分、つまり「難消化デキストリン」という食物繊維が豊富に含まれている機能性食品だ、という理解をしていただきたいです。

 

商品の説明
島根の桑茶「蒼楽(そうらく)」は、島根県初で、島根県発の機能性表示食品です。食後に上がる「血糖値」「中性脂肪」が気になる方へおすすめです。機能性関与成分は「難消化デキストリン」で桑の新品種「蒼楽(そうらく)」を原料に使用しています。

 

ただし、そうは言っても、「蒼楽(そうらく)」の機能性は公に認められているわけですし、単に飴玉を口にしているわけではなく、食事や腸内環境の改善につながるものですので、健康への貢献度の違いは明らかですね。

 

長期的に食事を改善して健康を維持していくためのお茶、そして、どうせ飲むなら、より食物繊維が豊富で、安心安全に栽培された原料が配合されている、選ぶべき優位性は明確ですよね、というように理解ください。

 

「蒼楽(そうらく)」に限らず、今の時代は法律的に厳しくて、いくら機能性食品だといっても、一般のブログサイトが簡単に語れる状況ではなくなっています。

 

個人的な印象としては、血糖値対策、中性脂肪対策もありますが、もありますが、「蒼楽(そうらく)」は、難消化デキストリンという食物繊維が豊富に含まれている機能性食品なので、お通じにも影響してくるのかな、と感じています。(上記口コミを参照)

 

お腹がゆるくなったり、ということも心配されますので、飲み始めの頃は、少し量をこうりょしつつ始めるとよいと思います。

 

「蒼楽(そうらく)」の効果効能についてのより詳しい情報は、ぜひ公式サイト↓で確認してみてください。

 

 

【内山くんの桑茶】蒼楽(そうらく)に入っている「Q3MG」とは?

「蒼楽(そうらく)」は桑の品種名でもありますが、この新しく品種改良で生み出された「蒼楽(そうらく)」の樹液には、一般的な桑に含まれている食物繊維に加えて、新発見された成分が「Q3MG(フラボノール)」がより多く含まれているます。

 

まだ研究中とのことですが、この「Q3MG(フラボノール)」は食物繊維としての機能性がよりしっかりしているだけでなく、お茶としての美味しさにもつながっているようです。

 

一般的な桑茶が伝統的に飲み続けられている中で、この「Q3MG(フラボノール)」が含まれることで、機能性のあるお茶として、商品力が高くなっている、ということが言えると思います。

 

正直に書けば、「蒼楽(そうらく)」は、他の島根県産の桑茶と比較しても、値段的にはかなり高くなっています。

 

島根県や島根大学の産学官連携という背景があることも含めて、それだけ自信のある商品に仕上がっている、ということですね。

 

さて、「Q3MG(フラボノール)」については研究中のことも多くありますし、機能性についてはなかなかここでは語りにくいこともあるので、ぜひ以下オフィシャルの情報を確認してみてください。

 

 

フラボノール高含有クワ新品種‘蒼楽’の育成

 

 

【内山くんの桑茶】蒼楽(そうらく)はなぜ島根県?

 

ある程度の年齢の人なら、誰もが知っていることだと思いますが、明治の日本の産業をリードしていたものの一つは絹の生産でした。

 

なので、日本中いたる所で、お蚕さんに頑張ってもらうために桑が栽培されてきたわけです。

 

ただし、この絹産業が一挙に不況に陥り、工場は取り潰され、桑畑だけが日本のあちこちに残ってしまったわけです。

 

たとえば、長野県では、この桑の代わりにりんごなどの果物が植えられて、今では、日本国内屈指のりんごの産地となっています。

 

というように、日本各地で「桑畑をどうしようか?」という課題が突きつけられていたわけですね。

 

島根県でも梨などのくだものが有名ですが、一方で、桑の木そのものの利用方法の研究がずっと続けられてきた、そして、この桑の葉茶の「蒼楽(そうらく)」の開発につながったわけですね。

 

そして、上でも書きましたが、桑の品種としての「蒼楽(そうらく)」は有機栽培、そして桑茶としては無添加加工。

 

桑は、もともと絹を吐き出してくれるお蚕さん(おかいこさん)の餌として栽培されてきた歴史があるのでり、害虫駆除のための農薬散布は厳禁なわけです。

 

したがって、現役の桑の畑は、土地が汚されていないばかりでなく、土壌も微生物などが豊富でよく肥えている、といってよいでしょう。

 

人間が口にしても安心できる桑が育っているわけです。

 

 

あ、桑茶「蒼楽(そうらく)」は島根県のふるさと納税でも購入できますね。

 

「蒼楽(そうらく)」のふるさと納税の扱いのある自治体とは?

桑茶「蒼楽(そうらく)」は、組合さんの地元の島根県江津市ふるさと納税返礼品として指定されています。

 

ちょっと調べてみましたが、楽天で購入(手続き)できるようです。

 

島根県出身、あるいは江津市出身の人は、健康対策しつつ、納税もしてしまう、というよい選択しかもしれませんね。

 

ちなみにTVCMなどで有名なふるさと納税サイト「さとふる」で桑茶「蒼楽(そうらく)」は扱われているか調べてみました。

 

残念ながら「さとふる」では桑茶「蒼楽(そうらく)」の扱いはないようです。

 

ただし、全国各地で桑の茶を返礼品にしている自治体もあるようです。

 

別に島根じゃなくてもいいや、という人は、地元の桑の葉茶を探してみてはいかがでしょうか?

 

ふるさと納税サイト「さとふる」で「桑 茶」で検索してみた結果のサムネイル

 

 


>>さとふるで桑茶をチェック!

 

 

桑の葉が入ってる血糖値対策向け健康食品の一覧

 

今回、個人的には、内山信二くんの通販番組ではじめて桑の茶というものを知り、健康にも良いものだということを知りました。

 

ただし、調べてみると、桑の葉の食物繊維を配合したサプリメントなどの健康食品は、すでにあちこちで販売されていることがわかりました。

 

ここで紹介してきた「蒼楽(そうらく)」が配合されているわけではありませんが、島根県産の一般的な桑の葉は、どうも高く評価されているようで、桑の産地として、わざわざ島根県産と但し書きを入れている商品もあります。

 

健康食品を必要に考える人それぞれにいろんなニーズがあると思いますので、以下に桑を配合しているサプリメントをいくつかピックアップしておきますね。

 

※島根産に限らず、ピックアップしています。

商品名 内容 単品価格(税込、送料込) 公式サイト
ドクターベジフル青汁 九州産野菜だけを使用し完全無添加で作った美味しく健康的な青汁 4,666円
糖煎坊 無農薬無添加の国産桑葉を100%使用して作られた抹茶仕立ての機能性食品 5,180円
プレミアム乳青 国産の桑の葉を特許製法で青汁にし高生存乳酸菌を配合した青汁 3,780円
からだ楽痩茶 薬剤師が厳選した桑葉、ギムネマ、菊芋などにより開発した健康茶 5,844円
ふるさと青汁 八丈島産の明日葉、島根県産桑の葉、熊本・大分県産大麦若葉を配合した青汁 4,764円

 

上表の料金についてですが、すべて単品購入の場合の価格となっています。

そしてすべての商品に割安な定期便コースが設定されていて、送料無料となる場合もあります。

 

ですので、まず商品内容を吟味しつつ、気にいるようでしたら、定期購入も検討してみてください。

 

※回数縛りや解約等の諸条件を確認の上、購入するようにしてください。

 

 

まとめ:【内山くんの桑茶】蒼楽(そうらく)

 

ということで、桑茶「蒼楽(そうらく)」の情報についてまとめてみました。

 

コロナ禍で家にいて、いろんなお茶を飲みたくなったり、あるいは、家にいるので運動不足で太り気味だったり、お通じが・・・というひとは、この桑茶「蒼楽(そうらく)」はぜひおすすめしたいところです。

 

あわせて、日本で桑が栽培されてきた歴史についてちょっと思いを馳せていただけるといいかな~、と思いました。